フーディングジャパンについて

フーディングジャパンは、明るく健康的な生活には「食」がとても大切であると考えます。
食の伝統や文化、栄養バランス、マナーについて学ぶと同時に実際に自分で調理し食べる事を基本において「食育」をみんなで考えて行きたいと思っています。是非、一緒に食育を考えて行きましょう。

理事長 えびさわけいこ
公式サイト http://ebisawakeiko.com

フードアナリスト1級
文京区議会議員

1964年、茨城県に生まれる。87年筑波大学を卒業。
大手流通セゾングループに就職。出版社を経て、広告代理店に入社。
脳梗塞で倒れた父の介護がきっかけで、区議会議員を目指す。
現在、区議として働きながら、フードアナリストとして食育活動中。

フーディングジャパンの目的

広く一般市民を対象として、食育を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得する支援を行い、健全な食生活を実践することが出来る人間を育てることを目的とします。

 

活動内容

(1)食に基づく健康増進を図る活動
(2)体験農業など社会教育の推進を図る活動
(3)食と介護、食による高齢者の健康改善を図る活動
(4)食育学を通じて、文化、芸術、スポーツ等の振興を図る活動
(5)食物環境の保全を図る活動
(6)前各号に関連する、講演会、料理教室、地域イベント、セミナー、マナー教室等の実施

 

事業の種類

(1) 食と健康に関連する各種セミナー・イベント開催等の事業
①食物と栄養学の講演会等の開催
②健康身体つくりのセミナー等の開催
③出張料理教室の開催
④拒食改善等の料理教室の開催
(2)体験農業と社会教育の関連する事業
① 農作物の種蒔き、収穫などの体験教育
②契約農家との交流会の開催
③農薬などの環境への影響について学ぶ会の開催
(3)食と介護、高齢者の栄養健康維持事業
①高齢者に必要な栄養料理教室の開催
② 介護食の作り方教室
(4)食育学を通して食文化、マナー、スポーツなどの関係について講演会開催
(5)その他目的を達成するために必要な事業